新着情報

Bee PC Support ホーム > 新着情報 > 10年前の法人パソコン 修理作業

2021/10/05 作業実績 10年前の法人パソコン 修理作業

こんにちわ。

先日、掛川市の法人様より会社が停電した後起動しなくなったパソコンが2台あるとのことでお伺いしました。
このパソコンはWindows7で10年程前に購入されたものです。
どうしてもWindows7でないと使用できないソフトウェアがあるとのことで、このパソコンをなんとか起動させないといけませんでした。

いろいろと調査した結果、電源ユニットとマザーボードが故障しておりました。

お客様先に保管してあった同機種のパーツを使ったり、中古でマザーボードや電源ユニットを調達し交換したところ、なんとか2台起動しました。
パーツ交換をしてもWindowsが正常に起動しないということが発生もしましたが、BIOSのリセットを行い解決しました。

調達した中古のマザーボードを取付け

 

修理後の起動確認

 

法人のパソコンの中には、このように昔のOSでないと動作しないシステムも多く存在します。
もちろん、システムをリニューアルすれば現状のOSで動くようにもできますが、設備導入費が破格で難しいということもあります。

このような場合、私ができることはどうすれば今までのパソコンで既存システムが動くようにできるかを考え、修理することです。
パソコンも5年程経つとメーカーでの修理は難しくなります。
大手のシステム会社では新しいシステムの導入を進めてきます。
それでは担当者は途方に暮れてしまいます・・・。

知識を振り絞り、可能性があることは全て試してみることが大事であり、お客様もそこを期待していると思います。

もちろん、中古パーツを扱うのでいつまた故障するか分かりません。
その為に、今度壊れたらどうやってリカバリーするか、できるかをあらかじめ確立しておくことも大事です。

今回のケースも、今後同様の事が起こった場合のリカバリー方法も分かりましたのですぐに対応することが可能です。

お客様の業務停止を最小限に収めることがシステムサポートの使命だと私は思います。

一覧に戻る

相談は無料!お気軽にどうぞ※修理はご予約制です

只今対応不可

0120-545-930