新着情報

Bee PC Support ホーム > 新着情報 > クラウド(OneDrive)の個人活用事例

2021/06/22 お役立ち 作業実績 クラウド(OneDrive)の個人活用事例

 

皆さんは「クラウド」という言葉を聞いたことがありますでしょうか?
一言でいうと「自前のサーバやネットワーク機器を持たなくても、インターネット(WEB)を通じて必要な時に必要な分だけサービスを利用すること」です。

難しい話は置いておきまして、本題に入ります。

先日、当方のお客様でパソコンで作成したエクセルファイルをタブレットに送って、パソコンでもタブレットでも編集できるようにしたいがうまくいかないからサポートしてほしいとご依頼がありました。

お客様はパソコンで作成したエクセルファイルをメールでブレットに送り、表示して編集ができると思っていたようです。

お客様のやりたいことをもっとも簡単に実現する方法は、メール送信でもできないことはないですが、OneDriveなどのクラウドサービスを利用してデータを編集することです。
しかも、容量制限はありますが月々料金なども発生させずに仕組みを構成することができます。

今回、お客様の要望を叶える方法は以下の通りです。
※Windows10の場合です。
1.パソコンにOfficeをインストールする(ライセンスを持っていれば)
2.タブレットにタブレット向けExcelやWordなどのOfficeアプリをインストールする
3.パソコンで、OneDriveにMicrosoftアカウントでログインをする
4.タブレットでExcelやWordを開いて、パソコンで使用したMicrosoftアカウントを使用しアカウント設定をする
以上で事前準備は終了です。

例えば、パソコンでExcelを開いて、なにか入力をします。
入力が完了したら名前を付けて保存をするのですが、保存先をOneDriveにします。
次に、タブレットでExcelを開いて、先ほどOneDriveに保存したデータを呼出します。
パソコンで入力した内容が表示されていれば成功です。
引き続き、タブレットで編集行ってください。
タブレットでは初期設定では自動保存がONになっています。

再度、パソコンから先ほど保存したデータを開いてみてください。
タブレットで編集した内容が表示されていると思います。

これで完了です!
この時点で既にあなたはクラウドサービスを利用して今までより効率よく作業を行うことに成功しています!

今回は概要だけのご説明で申し訳ないですが、ご希望がありましたらサポートさせて頂きますので、ご連絡頂ければ幸いです。
OneDriveなどのクラウドサービスはその他にも便利な機能がありますので、是非活用してみてください!
企業でもアクセス権を付けてのファイル共有も可能です。

 

一覧に戻る

相談は無料!お気軽にどうぞ※修理はご予約制です

只今受付中

0120-545-930